メガネのタニで奇跡的に、メガネが直った

DSCN0961.JPG

先週の木曜日

自転車で転んだ。

左手にはバックをさげて、右の耳にはラジオのイヤホンがしてありました。

転ぶとき、手が地面に着けなかった。

左側の顔が地面にぶつかった。

左側のほっぺが腫れていた。

メガネの左側のフレームが曲がっていた。

「やばい。」と思いました。

いつもメガネクリーニングしていただいている

メガネのタニの店員に、ご相談しました。

「転んで、フレームが曲がってしまったのですが、

 もし直すとしたら、おいくらかかりますでしょうか?」

と聞きました。

メガネのタニはいつもメガネクリーニングしてもらっていて、

こちらの顔も知っているのです。

「これはすごいですね。

 私なら直せると思います。

 ただ、壊してしまうこともあります。

 その許可だけください。

 料金はいただきません。

 無料です。

 私は、見た目は若いですけど、30年、この仕事しています。」

といわれたのです。

驚きました。

私、お願いする、お願いしないではなく、

いろんなこと考えました。

レンズを活かして、別のフレームにはめる。

私のメガネは、梅宮アンナさんがデザインしたメガネなのです。

レンズが小さくて、このレンズに合うメガネは、

子どもさん用のメガネになります。

レンズを活かして、別のフレームにはめることはダメでした。

今週の木曜日、

メガネのタニにお願いしました。

「自分の仕事終わりましたら、やらせていただきます。

明日の17時には仕上げておきます。」

「お願いします。」

といいました。

本当はドキドキでした。

もしメガネのタニの店員さんが

失敗して、メガネが壊れてきても

文句は言うつもりはなかったです。

今日、メガネのタニに

取りに行ったら、

壊れる前の状態に戻っていました。

普通に、メガネをかけられます。

3日前は、左の耳にフレームがかけられず、

間が空いてしまい、

メガネが落ちて来てしまいそうになります。

その心配がなくなりました。

お礼に、

メガネケースとメガネチェ―ンを買ってきました。

ありがとうございました。

メガネのタニでの奇跡

広告を非表示にする