読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーの吃音が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

社交不安障害のなかなか治らない要因

f:id:takashi925:20170319223247p:plain

「いやな体験」



社会不安障害の発症」


強い不安+身体症状




予期不安

一度、人前で困った経験をしたときの嫌な記憶が心にきざまれると、

「次も同じようなことになったらどうしよう」と恐れる気持ちが生まれます。

これが「予期不安」です。



回避行動の固定化    ⇓ ↑予期不安が強まる



回避行動




症状が持続するしょぼん


*「またあがってしまうのがいやだから、

 

人前に出るのはやめよう。」

こんな回避行動が、症状を長引かせます。
カゼ


<参考文献>

よくわかる社会不安障害

p18

山田和夫

主婦の友社


広告を非表示にする