読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーの吃音が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

吃音のタイプは5種類ある。

タイプ         特徴               


反復       音や語の反復            

 

引き延ばし         語を不自然に引き延ばす      


強勢       語の不自由な強勢あるいは爆発的な発声 




中断       語や文節の不自然な間のび(発声の中断) 

 

          促音に多い。



阻止    発語の開始がスムーズに行かない                  







<参考文献>



言語障害概説 永淵正昭 大修館書店 p170

 

広告を非表示にする