吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーのコミュ障が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

吃音者は感受性の強い人が多いらしい。

吃音には、言語症状のほかに、付随現象として


発語に際して顔面や、顔面紅潮、心拍数の増加、呼吸異常など



があらわれやすい。

 


これは自律神経の不安定が大きな要因になって



生ずるものである。




そのほかに情緒反応もみられる。

 



これは発声困難な語や場面を避けたり、

遠回しの表現をする。



あるいは吃音を予想したり、どもった時に視線をそらすとか、



表情を変えるといった形であらわれる。

 

 

吃音者は一般に神経質で感受性の強い人が多い。



一人で朗読するときは、人や場面に恐怖がないので



精神的に安定してほとんどどもらないが、



これは吃音者の性格をよくあらわしている。



また、飲酒で吃音は軽快するが、これも同様に考えることができる。



上下矢印


自律神経の不安定のため、発声困難な語や場面を避けたり、

遠回しの表現をします。


吃音を予想したり、どもった時に視線をそらすとか、



表情を変えるといった形であらわれます。


<参考文献>



言語障害概説 永淵正昭 大修館書店 p171

 

 

👇

 

吃音は「どもって話す」だけではないのです。

 

自律神経の不安定のため、発声困難な語や場面を避けたりすることが

 

大変なのです。

 

👇

精神的に安定していれば、ほとんどどもらないのです。

 

広告を非表示にする