読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーの吃音が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

吃音は大人になると治りにくいのです

インターネットで調べると、


「吃音は、自分で治せます。」

「3週間で、改善できます。」

「重度の吃音が6週間で、改善できます」

というのがあります。


これって、何だろう?


吃音は、


中学生以上になると、

簡単には、治りません。


それは、


中には、よくなった人もいます。

もちろん、

自分もそうだったのです。

私が吃音を治すために、

病院やリハビリテーションに行き

吃音を診療できる先生のもとで

訓練をうけました。




*吃音は、


大人になると、

治りにくいのです。


それなので、


ここに行けば、治りますという病院やクリニックは


ありません。




まして、

「自分で吃音を治せます。」

「3週間で、改善できます。」

「重度の吃音が6週間で、改善できます」


*こういうのは、信じられません。


*一番いいのは、

ちゃんとした吃音を研究した人や吃音を専門にしている人に


聞くのがいいのです。


変なところにいくと、

高いお金をとられて、

全然、治らなかったということがあるかもしれません。

広告を非表示にする