吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーのコミュ障が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

社交不安障害

社交不安障害のなかなか治らない要因

「いやな体験」⇓「社会不安障害の発症」強い不安+身体症状⇓予期不安一度、人前で困った経験をしたときの嫌な記憶が心にきざまれると、「次も同じようなことになったらどうしよう」と恐れる気持ちが生まれます。これが「予期不安」です。回避行動の固定化 ⇓ …

社交不安障害には、このような種類の症状があります。

①大勢の人の前で話すことを恐れます。=スピーチ恐怖②人の視線が気になり、思うように行動ができなくなります。=視線恐怖③人と一緒に食事をすることを恐れます。=会食恐怖④人前で顔が赤くなることを恐れます。=赤面恐怖⑤人と対面すること、人と接すること…

社交不安障害は<あがり症>ともいえます。

①人前で不安を感じる。人前で何かをするときに、不安や恐怖を感じる。特定の状況で、症状があらわれる。②特別な状況に置かれると、身体的な反応が表れる。自分が緊張を感じる場面になると、手が震える、心臓がドキドキする、息苦しい、大量の汗をかく、赤面…