吃音で修士論文を書いた元スクールカウンセラーのコミュ障が改善する方法

「どもって話したらどうしよう。」という不安が生まれます。これが予期不安です。「どもって話したらどうしよう。」という不安になった場面を避けてしまうと、どもって話すことはよくはならないのです。吃音は吃音者の心理に大きく影響をあたえています。「どもって話したらどうしよう。」という不安を少しずつなくしていくことが吃音を治す方法です。

吃音者宣言

吃音者宣言は「吃音と付き合う」か「吃音を治す」の究極選択です。

1、吃音者宣言(全文) 私たちは、長い間、どもりを隠し続けてきた。 「どもりは悪いもの、劣ったもの」という社会通念の中で、 どもりを嘆き、恐れ、 人にどもりであることを知られたくない一心で 口を開くことを避けてきた。 「どもりは努力すれば治るも…