消費者生活センターはだまされないと何もしてはくれない。

f:id:takashi925:20180506173355p:plain

 

「明らかに、だまされたわけではないから、何もできません。」 (相談員)

下矢印

てるみくらぶ」や「はれのひ」のように、だまされないと、

 

消費者生活センターは何もしないそうです。

 

下矢印

てるみくらぶ」や「はれのひ」のように、だまされた場合は、

 

書面が残ります。

 

契約だけを見ます。

 

「事実だけ見ます。」(相談員)

 

下矢印

私は、「てるみくらぶ」や「はれのひ」のように、だまされた場合、

 

消費者生活センターはもう何もできない気がします。

 

書面があっても、文書があって、契約した証拠があっても

 

何もできません。

 

成人式や旅行に行って、晴れ着や旅行のチケットがもらえなくて、何か変だと思いながら、

 

てるみくらぶ」や「はれのひ」の会社が倒産したりして、

 

詐欺に会い、だまされたととわかります。

 

初めから、だまされた

 

消費者生活センターは「てるみくらぶ」や「はれのひ」のように、だまされないと

 

何もしてはくれません。

 

 

 

下矢印

 

私が説明すると

 

(相談員)は、「私はこの商品の専門家ではないのでわかりません。」

 

「それはできません。」(相談員)

 

「それなら、どうしてほしいの」(相談員)

 

「~してほしい」というと

 

「できません」(相談員)

 

下矢印

(相談員)がイライラして、声のトーンが高くなり、大きな声で話し始めます。

 

なぜか、(相談員)が興奮します。

 

私がイライラして。どうしていいかわからずに、消費者生活センター(相談員)が

 

興奮して、大きな声で話し始めます。

 

私のほうが、身構えてしまいました。

下矢印

私が説明すると

 

(相談員)は、「私はこの商品の専門家ではないのでわかりません。」

 

「それはできません。」(相談員)

 

「それなら、どうしてほしいの」(相談員)

 

「~してほしい」というと

 

「できません」(相談員)

下矢印

この繰り返しです。

 

電話では、わかってもらえなかったので、わざわざ対面で会って、(相談員)とお話をしました。

 

「電話のときと、相談員が違うので変わります。」(相談員)

下矢印

「別に変わらなくいいのです。」

 

「前のこと知らない人のほうがいいです」

 

(本当は、電話のときの相談員もよくわかっていなかった。もし本当に良かったら指名しています)

 

「電話のときの相談員も同席させてください」(相談員)

 

下矢印

「相談員が2人で私が1人です。これでは、こちらが身構えてしまうので、やめてください。」

 

消費者生活センターは相談に来る人のことは何も考えていないです。

 

下矢印

(相談員)は頻繁に席を外します。

 

「理由があれば、交渉します」(相談員)

 

下矢印

「私も悪いし、そちらも悪い。

 

「~だから、~なるという説明があれば、このようなトラブルにはならなかった。」

下矢印

消費者生活センターが相手の会社にお電話ます。

 

(相談員)「結果はお教えしません」

 

 

消費者生活センターの相談員は、腹が立ちました。

 

まだ、イライラしてます。